作者別: hoptadem

減塩の効果は薄毛予防だけじゃない

北国では冬期、食料の中の塩分濃度を高くして、家の中で食料を保存できるようにしてきました。そのため、塩分摂取量は高まりました。―日の塩分摂取量は、10g程度とされていますが、北国では、1日20gを超えるところもあります。

塩分の摂りすぎは高血圧の原因と一般的にはいわれますが、それはなぜなのでしょうか。この仕組みについても、塩分の摂りすぎによって血液中の沁濃度が上昇して、それをゆるやかにするために水分が血液に流れ込んで、結果的には血液量が増え、血圧が上昇してしまうという流れのストーリーが考えられています。

しかし、体の中で血液の量を一定にする機能が正しく働いている限り、多少塩分をとりすぎたとしても、そう簡単には血液量は増加しないはずです。

塩分の摂りすぎは、胃腸の知覚神経の機能と数を低下させてしまいます。その結果、発毛と育毛の効果が期待できるIGF‐1が減少してしまい、高血圧が引き起こされれてしまうと考えるのが妥当なところだと思います。このことは、塩分の摂りすぎが、育毛を阻害する可能性も示しているのです。

塩分の過剰摂取による高血圧の発症と知覚神経の機能低下が密接に関連している可能性を示す事実があります。人間の本態性高血圧症のモデルとして、自然高血圧発症ラット(SHR)という動物がいます。この動物は高血圧以外にも、糖尿病や認知機能低下が認められます。

さらにSHRには、正常血圧ラットにはない、ある特徴があります。それは、SHRは正常血圧ラットにくらべて、熱さに鈍感で炎症が引き起こされやすいということです。

知覚神経は熱さを知覚する神経であり、その刺激の結果として、IGF‐1をふやして、炎症を抑制するのです。しかし、SHRの知覚神経は鈍感、つまり、その働きが低下しているので、熱さという刺激に鈍感で、炎症が引き起こされやすいのです。

薄毛の方がカプサイシンとイソフラボンを摂取し、知覚神経が刺激されると、血液中のIGF‐1の増加と共に、高血圧の改善も認められました。いっぽう、SHRでも、カプサイシンを投与することによって知覚神経を刺激すると、血液中のIGF‐1の増加に伴って、血圧の低下が認めらるのです。

IGF‐1には血圧正常化作用や、糖代謝、認知機能を改善する作用があります。これらの事実は、SHRも高血圧症の人も、その原因として、知覚神経機能低下があって、その結果として、IGF‐1が減少してしまい、高血圧や糖代謝異常、さらに認知機能低下を発症する可能性を強く示しているのです。

実際に、SHRや人の高血圧症では、血液中のIGF‐1濃度は、それぞれ、正常血圧の動物やヒトにくらべて、低いことがわかっています。このように、知覚神経の機能が正常であることは、正常血圧を維持するうえで非常に重要であるといえます。

知覚神経の機能を低下させないためにも、減塩することは大きな意味を持ち、薄毛の改善ばかりか、将来の生活習慣病の予防にもなるということになります。

髪が薄くなってきたと思ったら、塩分の摂りすぎを控えることによって髪が薄くなるのを予防するだけではなく、健康にもなれるのです。

 

Categories: 未分類

塩分を控えると髪が育つ

いきなり痛い話で恐縮ですが、口内炎ができているとき、ものを食べるとしみてきます。しみるものほど知覚神経刺激作用が強い食べ物になります。

そのひとつが、塩です。ところが、トウガラシもそうですが、塩も傷口に大量につけていくと、はじめは痛いのですが、徐々に傷口がしびれてきて、痛みがなくなります。

これは、知覚神経を強く刺激するものに共通した性質です。刺激によって知覚神経からは、痛みを引き起こすサブスタンスPという物質が放出されます。しかし、刺激があまりにも強いとサブスタンスPは放出されつくし、そのため痛みがなくなっていくのです。

知覚神経内にあり、IGF‐1をふやす物質であるCGRPも、サブスタンスPと共に放出されるので、強い刺激を受けると枯渇してしまいます。つまり、知覚神経への刺激があまりにも強すぎると、知覚神経麻痺の状態になり、このような状態では、IGF‐1はふえるどころか、かえって減少するのです。

知覚神経麻痺をうまく利用した事例をひとつご紹介します。唾液に含まれる上皮成長因子(EGF)は、知覚神経刺激作用があり、IGF‐1をふやし、育毛効果を促進します。

ところが、EGFを大量に羊に注射すると、羊の毛の成長が一時的に止まり、その部分の毛が細くなります。その後、また毛が伸び始めると、成長した毛の一部が緇くなっているので、その部分から毛が切れて、羊毛が収穫しやすくなるのです。ニュージーランドでは、この現象を羊毛の収穫に利用しています。

さて、話を塩に戻します。塩そのもの(塩化ナトリウム)には、知覚神経刺激作用があることが実験でも明らかになりました。そこで動物実験で、過剰な塩分を与えて胃腸の知覚神経への影響を調べてみました。

具体的には、2%の食塩水をマウスに4週間経口投与したら、胃の知覚神経の数が明らかに減少し、海馬のIGF‐1も減り、認知機能が低下することがわかったのです。このことからも、過剰に慢性的に知覚神経少刺激すると、知覚神経の機能が低下することが明らかになりました。

 

胃のの知覚神経は、刺激されるとCGRPを放出します。CGRPは、刺激情報を他の神経に伝えるほか、近くの細胞や放出した知覚神経自身にも作用して、IGF‐1を作らせます。IGF‐1は、細胞の再生を促進する作用や、その死を抑制して、細胞の寿命を延ばす作用を持っています。

したがって、過剰な塩分の慢性的な摂取は、胃の知覚神経のCGRPを枯渇させ、知覚神経自身のIGF‐1の産生をも低下させるために、知覚神経の寿命が短縮してしまうのです。そのために、過剰な塩分が長く投与されたマウスの胃では、知覚神経の数が減少しました。その結果、胃の知覚神経刺激情報の脳への伝達量が低下し、海馬のIGF‐1が減少することで認知機能が悪くなります。

私たちも、毎日過剰な塩分をとっていると、胃の知覚神経のCGRPの枯渇を招き、胃をはじめ全身のIGF‐1が減少してしまうと考えられます。ひいては発毛も阻害されてしますことにつながります。

 

Categories: 未分類

空腹の時間を長くして髪を増やす

空腹のほうが、「頭がさえる」といわれますが、なぜでしょうか?

人類は、長い歴史の中で何回も長い大飢餓を生き抜いてきました。飢餓の状況では、頭をフル回転させて食べ物を探し、生きる方法を見つけていかなければなりません。

空腹になると胃でグレリンという物質が作られます。グレリンは、何か食べ物を探して食べろ、という摂食行動を起こさせる働きを持っています。

グレリンは、知覚神経を刺激することがわかっています。絶食時に胃で作られたグレリンは、胃の知覚神経を刺激して、全身でIGF‐1をふやす可能性があるのです。

研究で、グレリンを動物に投与すると、脳の記憶の中枢である海馬を含む全身でIGF‐1が増加し、動物の学習能力が向上することが判明しました。胃のグレリンの増加がIGF‐1をふやして学習能力を高め、食べ物をどこで、どのように手に入れるかということまで考えさせるのでしょう。もちろん育毛効果も期待できます。

空腹時間が長くなるほど、グレリンはふえ続け、IGF‐1の増加も長く続きます。

小食にすれば、食べ物を消化する時間は短くなり、そのぶんその後の空腹時間は長くなります。昔から「小食に病なし」といいますが、IGF‐1が増加すれば、健康効果に加え育毛も期待でき、「小食に薄毛なし」ともいえるでしょう。たとえば1日2食にすれば、自ずと空腹時間が長くなるからです。

たとえば、朝に腹持ちのよいものを食べ、昼食を抜く方法が実行しやすいのではないでしょうか。

腹持ちのよい食材とは、胃腸の知覚神経を刺激するものです。胃腸の知覚神経を刺激するものを食べれば、体は悪いものを食べたと勘違いし、それ以上食べないように満腹感を高めます。したがって、朝食に玄米やトウガラシと豆腐入りの八丁味噌仕立ての味噌汁、ポリフェノールが豊富なコーヒーなどをとれば、昼食時になっても、満腹感は続きやすくなります。

逆に、腹持ちの悪い食材も存在します。後述しますが、ブドウ糖は、知覚神経機能を低下させます。白米のごはんは、胃腸で消化されると、小腸でブドウ糖に変化します。その結果、小腸の知覚神経機能を低下させるので、白米のごはんは、満腹感がなかなか得られず、腹持ちの悪い食べ物なのです。

腹持ちの悪い食品は、食品の持つグリセミックインデックス(GTI)でわかります。

グリセミックインデックスとは、食品を食べたあとの血糖値の上がり方の指標です。GIの数値が高いほど、より多くのブドウ糖ができることを意味しており、胃腸の知覚神経機能を低下させます。ですから、高GI値食品は低GI値食品にくらべて、満腹感が得られにくく、より多食する危険性もあります。

腹持ちが悪く、多食しがちな高GTI値食品には、白いパン、白米、じゃがいもなどがあります。逆に、満腹感を得やすく、腹持ちがよい低GI値の食品は玄米、そば粉、大尽ヨーグルト、ピーナッツ、さつまいもなどです。空腹時間を長くとるためには、高GTI食品よりも、低GTI食品を食べるほうがよいでしょう。

また、IGF‐1をふやす食品は、そうでない食品にくらべて、GI値は低くなっています。空腹時間を長くするための腹持ちのよい低GI食品は、結局IGF‐1をふやし、健康と育毛の両方によい食品なのです。

 

Categories: 未分類

よく噛むと髪が増えるだけではなく、さらに…

優れた発毛効果があるIGF‐1は、発毛効果だけではなく海馬の神経細胞を再生させ、認知機能を改善します。よく噛むことのボケ防止効果は、やはりIGF‐1の効果である可能性が高いようです。

よく噛んで唾液をふやせば、育毛効果が期待できる可能性もあります。日常生活の中で、どのようにすれば、唾液の分泌をふやせるでしょうか?

唾液の分泌量は、1日約1.5リットルです。睡眠中は0.1ml/分、起きているときは0.3ml/分、そして食事中は、その10倍以上の4.0ml/分の唾液が分
泌されます。特に、歯ごたえのあるもの、酸っぱいもの、さらに辛いものを食べたときに、唾液の分泌は増加します。

味のあるガムを噛んでいるときは、噛んでいないときとくらべると、唾液量は20倍増加し、味のないガムでも8倍増加するといわれています。10分以上ガムを噛んでいても、噛んでいないときの2~3倍ほど唾液の分泌は増加します。

唾液の分泌をふやすためには、噛む回数を、一口30回にする、食間にガムを噛む、梅干しや酢を使った料理を食べる、調理の際に食材を少し大きめに切る、加熱時間を長めにして、食材の水分を減らす、複数の素材を組み合わせて噛む回数をふやす、薄味にすることで味を感じるまでの噛む回数をふやす、などの工夫があります。

唾液を多く出す食べ方では、唾液により胃の知覚神経が刺激されるために、満腹感も早く出てきますので、食べる量も減ります。逆に、早食いは、唾液を十分出さないばかりか、満腹感が出にくいために、食べる量が、よく噛んだ場合とくらべてふえてしまいます。

このため、早食いは、肥満につながります。肥満は、血糖値を下げる働きがあるインスリンが効きにくくなる、インスリン抵抗性という病態を引き起こします。この病態では、インスリンが効かない分、IGF‐1が消費され、無駄遣いされます。事実、会食などで注意してみると、早食いの人が一番太っていることに気がつきます。

よく噛めば発毛が期待できるばかりではなく、その他にもいろいろなメリットがあることが分かったのではないでしょうか。

 

Categories: 未分類

よく噛んで食べると髪が増える

古くから、「よく噛んで食べるとボケにくい」といわれますが、よく噛むことにはそれ以上に多くの健康効果があるようです。

よく噛むことの八大効果があります。それは、肥満の防止、味覚の発達、言葉の発音がはっきりしてくる、脳の発達、歯の病気予防、がん予防、胃腸の働きの促進、全身の体力向上などです。

よく噛むことの健康効果は、発毛を促す物質であるIGF‐1の効果とよく似ています。よく噛むと唾液の分泌がふえ、それにより体内のIGF‐1もふえる可能性が考えられます。

そこで、唾液の成分中に、知覚神経を刺激して、IGF‐1をふやすものがあるかどうかを調べてみました。唾液中には、IGF‐1そのものが含まれています。そのIGF‐1には、知覚神経刺激作用があることが知られています。

さらに、上皮成長因子(EGF)、神経成長因子、およびシアル酸という物質も唾液に含まれています。神経成長因子は、知覚神経のCGRPをふやす作用があります。

シアル酸は、唾液中ではムコ多糖体という唾液中のねばり成分と結合していますが、胃の中に飲み込むことと、胃酸の作用によりフリーのシアル酸となります。研究の結果、EGFとフリーのシアル酸は、知覚神経を刺激して、IGF‐1をふやす作用があることがわかりました。

これらの事実から、よく噛んで唾液がふえ、その唾液を飲み込むことにより体内でIGF‐1がふえて健康効果が表れ、同時に育毛効果も期待できます。

唾液と育毛の関係について調べてみると、興味のある報告が見つかりました。唾液線の慢性の炎症のために、唾液の分泌が減少し、ドライマウスになる「シェーグレン症候群」という病気があります。この病気の患者さんには、薄毛が多いのです。さらに、マウスの唾液腺を取り除くと、毛並みが悪くなることも知られています。

研究でも、フリーのシアル酸を剃毛した動物に投与すると、剃毛後の育毛スピードが明らかにアップしました。これらの事実から、唾液は飲み込むことによって、令身でIGF‐1をふやし、育毛効果を発現させると考えられます。

唾液は、直接頭皮に塗布しても、育毛効果を発揮するようです。フリーのシアル酸を6人の男性型脱毛症の方に、6ヵ月間、頭部に塗布して育毛効果の有無を検討してみました。

その結果、6人中5人に育毛効果が認められました。明らかな増毛効果が見られます。

 

Categories: 未分類